About Us

About Us

Welcome to Chanoyu of Santa Barbara.
Heartie Anne Look

Heartie Anne Look

View a letter from Heartie Anne Look.
Classes

Classes

View our class schedules.


Shinkanan
Sokyo
classes

Blog

  • 10Sep

    重陽の節句

    Uncategorized重陽 最高の陽の数字が重なる日、9月9日 日本には五節句と言われる祝い日がある中で、特に9月9日は不老長寿を祈願し祝う日として古くから祝いの行事が行われてきました。 この日にかかせないのが菊の花、菊の節句とも言われる所以だそうです。 菊には様々な異名がつけられています。 まず代表的なのが、花の兄の梅に対して花の弟、様々の花に遅れて咲き出すことから言われているようです。 千代見草、翁草などは 長い期間咲くことからか不老長寿を重ねているのでしょうね。 いにしえには、宮中の女官たちが、菊の花に降りた朝露を真綿に集め、それで顔を拭くと美しくなりまた命が延びると信じられ、優雅な風習があったそうです。菊酒しかり。花びらを杯に浮かべ頂く、なんて素敵なんでしょう。 九州地方のお祭り ”くんち” も9日が訛っているとのこと。秋の収穫を迎え豊作祈願が重なったのでしょう。 さて、茶の湯の世界では 菊といえば ”隠逸の花” としてまさに利休様そのものを指します。 隠逸の花も菊の異名です。 利休様がまだ宗易を名乗られていた時、宮中での献茶のために正親町天皇より利休という号の勅賜を受けたことで、大徳寺の古渓和尚が歓びを歌に表したものが有名です。 風露新香隠逸花  闇夜であっても、気高く香り立ち所在がわかる菊のようだと。 歌の全体は 庚老(ほうろう)は神通の作家(さっけ) 飢えくれば飯を喫し 茶に遇うては茶 心空及第して等閑に看る 風露新たに香る隠逸の花...
  • 05Sep

    September  長月 時計草が咲いた

    Uncategorized今年の日本の夏は受難続きの毎日でしたね。 各所で連日40度を超す日々が続き、日本が焼き尽くされるのでないかと心配しました。 暑さもひと段落したところで、今度は今まで起きたことがないような台風の被害、これから我々が進む日々はこれらのことが頻繁に起こるということを頭に置いて生活せねばなりません。 我々の孫たちが私の年齢になった時には一体どのような環境で生きているのでしょう。 彼らが身に受けている状況は全て我々が彼らに残した負の遺産を背負っていることなのでしょうか。 これからの世界が地球上に生を受けて生きるものたちにとって生き続けられるよう祈るばかりです。 さて、受難の日々と始めましたが、実はパッションフルーツの花が咲き始めたことをFBに投稿してから、人生の先輩からキリストに纏わる花だとコメントを頂き、改めて考えてみました。 確かに不思議な名前であることは感じていましたが、ご指摘を受け、なるほど パッションとは我々音楽家からすれば すぐにバッハの宗教曲 マタイ受難曲、ヨハネ受難曲が思い出されます。 パッションの意味が情熱と訳されるよりも、語源に ”苦しむ”ー”Pass” があることを知りました。 この花を初めて見た人がこの花に十字架を見、いばらの冠を見、打ちつける釘を見たことは本当にショッキングなことと同時に、奇跡のように思ったのではないかと想像します。 美しい花が秘めた、メッセージだったのかもしれません。 さて、夏が終わる頃になるとどういう訳か物思いに耽り、やり残したことなどつらつら考えてしまいます。 刹那を生きる我々に与えられた、自分と向き合える時間なのでしょう。 時計草の他にも、ホトトギス、貴船菊など咲き出しました。 いくら暑くても、水が不足しても健気な花たちはちゃんと時間の流れを忘れていません。 これから、秋を迎え、冬の準備が始まりますが、日々精一杯生きていくことに努めます。...